Make組ブログ

Python、Webサービスや製品開発、ライブラリー開発についてhirokikyが書きます

雑談: 約束の時間に早く行き過ぎる病

僕は待ち合わせというのがすごく苦手です。何なら、先に予定が入っていると不安になります。 楽しい飲み会でも、「1週間後にこの時間で」となると、その間の時間ソワソワしてしまって急激にテンションが下がります(予定が始まればすごく楽しい)。

それで、僕は約束の時間に早く行き過ぎる傾向があるなと最近ずっと考えています。 人に聞いてみるとそういう傾向の人は意外とたくさんいるなぁと発見しました。

今日も車のディーラーのところに朝10時に行ったんですが、9時38分には到着していました (お店が開いていなかったのでマクドで時間をつぶしました)。 今朝については僕がお客さん側なので、「出迎えるために準備しないと」という心配もないはずです。 全然ゆったり行けば良いはずなんですよね。極論ちょっと渋滞して遅れてしまっても「道が混んでてー」と言えば、5分10分遅れちゃっても死にはしないです (良くないことですが、商機を逃してしまうような心配だとか、相手が怒って帰っちゃうような心配はまずないわけですよね)。

考えてみたんですが、僕は時間をピッタリ合わせるのが苦手なのかもしれないです。 そういう意味では遅刻する人と同じ体質と言えます。感覚的に、10分で間に合うところでも30分取りたくなってしまう。 むしろ余った20分の時間をつぶすためにカフェに入ったのに、椅子に座った瞬間すぐ外に出たくなるくらいの感覚です。 面白いのが、毎日の出勤とかは焦燥感はないんですが、たまの1回のイベントとなるとすごくソワソワすることです。

ただ自分が早く行くのは自分が制御できる時間なので気が楽です。 遅刻すると相手の時間を奪ってしまうので避けたいと思っています。 結局、約束の時間っていうのはお互いに無駄になる時間を最小に下げるゲームなので、早く行き過ぎるのも遅刻も変わらないと思います(両者の時間を総合するとすれば)。 ただ気持ちの問題として自分が先に行って時間をつぶすほうが楽で良いんですよね。

同じ気持ちの人いますか? 5分くらい遅刻しても良いかな、くらいで生きていったほうがいいんでしょうか。