Make組ブログ

Python、Webサービスや製品開発、ライブラリー開発についてhirokikyが書きます

Ansibleでファイルの存在確認にstatを使ったら大きいファイルには動作が遅すぎたのでやったこと

Ansibleでファイルが存在しているかによって処理を分けたいことがあります。 そんなときは stat を使うとできますが、対象のファイルが数GB単位で大きいと処理が遅くなります。

下の例ではファイルが存在しないときだけ実行するタスクを書いています。

    - name: とあるファイルが存在しているかチェックする
      stat:
        path: /path/to/file
      register: the_file_stat
    - name: (ファイルが存在してないときだけやりたい処理)
      shell: ...
      when: the_file_stat.stat.exists == False

ですがこの stat は、ファイルをチェックするだけでなくてチェックサムなども計算してくれます。 かなり重いファイルの場合、この処理で時間がかかってしまいます。 ファイルの存在チェックだけで良い場合は、チェックサムは不要なので以下のようにして遅くなる原因の処理を無くせます。

    - name: とあるファイルが存在しているかチェックする
      stat:
        path: /path/to/file
        get_checksum: false
        get_md5: false
      register: the_file_stat

このIssueで自己解決してる人が居たので、参考になりました。

github.com