Make組ブログ

Python、Webサービスや製品開発、ライブラリー開発についてhirokikyが書きます

Ubuntu18.04でDockerのDNS解決がホストのDNSにならない問題の話

Ubuntu18.04でDocker (17) を動かすとホストのDNSの設定を使わずに 8.8.8.8 を使ってしまう問題がありました。

何が困るかというと、AWSで動かしている場合ローカルのDNSを使わずにパブリックIPを引いてしまうとSecurityGroupの許可設定が効かないことです。 例えば、コンテナー内部からデーターベースにアクセスできないなどの問題が起こります (システムの都合上ECSなど使わずにEC2にDockerを入れて自分で可動させています)。

github.com

原因としては、ホストPCで systemd-resolved を見る設定になっているのだけど、 その設定を使おうとしたDockerコンテナーが使えずに 8.8.8.8 にフォールバックしたみたいな話のようです。

systemd-resolved 伝わないようにしちゃうみたいな回避が効きますが、まぁあんまり良い気持ちではないですね。 上記のIssueコメントで紹介されています。